FOD 映画 残穢

「手元に本を置いておくことすら怖い」―第26回山本周五郎賞受賞の際、選考会でそんな感想が漏れたという小野不由美の傑作小説『残穢』。
MENU

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

残穢

 

作品のあらすじ

誰が、なぜ、事件を引き起こしたのか。
聞いてしまった奇妙な「音」は、連鎖する不可思議な事件への招待状だった――。
小説家である「私」(竹内結子)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から、1通の手紙が届く。

 

「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。

 

「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、そして「私」の夫・直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。だがそれは、新たなる事件の序章に過ぎなかった―。
すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?

 

予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

 

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

 

劇場で上映時に観ましたが、正直あんまりオススメしません。(じわりと怖い感じ)
でも、怪談ってきっとこういうプロセスで生まれるのだろうなあと思いました。
怪異って、時代や場所を超えて、どんどん変容して伝わっていくのでしょうね。

このページの先頭へ